学部3年生以上を対象とした教職科目

 

ドイツ語科教育法 I、II

 

前・後期 水曜4限

教室:文総623

授業内容

ドイツ語だけでなく、言語教授法・学習法一般を取り扱う。よって、複数の言語、特に名古屋大学で正規科目として開講されていない複数の言語を取り扱う。学習者の立場で教授法を考えるという観点から、「未知の言語を学習体験する」という実習も行う。具体的には以下の通りである。

 

  1. 名古屋大学に入学して第2外国語を学習し始めたときの感想
  2. 授業目標の設定
  3. 授業の目標と到達点
  4. さまざまな教授法
  5. 授業目標と教授法の関連
  6. 未知言語(1)の学習体験(全身反応教授法を使った場合)
  7. 未知言語(2)の学習体験(コミュニティ言語学習法を使った場合)
  8. 未知言語(3)の学習体験(伝統的教授法を使った場合)

前期は上記の1、2、3、6、8 を行う予定。

後期は上記の4、5、7、8 を行う予定。

伝統的教授法による未知言語(3)の学習は前・後期通して行う。

 

ここで言う「伝統的教授法」というのは「特定の教材を使って、教員が教え、学習者が習う」という一般的な授業法を指す。そういう形式を採らない授業法を「新教授法」と呼ぶことにする。ここで言う「新教授法」というのは「新しい教授法」という意味ではなく、「従来の発想を変えた教授法」を指す。故に、上記の「全身反応教授法」と「コミュニティ言語学習法」は決して新しい方法ではないが「新教授法」に属する。

----------------------------------------------------------------

教材:

プリントを使用する

----------------------------------------------------------------

成績評価:

 授業中の貢献度

 5回以上無断欠席をした場合は(履修取り下げをしない限り)自動的に「F(不合格)」になる。

----------------------------------------------------------------

第1回目の授業でメールアドレスと携帯電話番号を伝える。このいずれかを使った連絡はいつでも歓迎する。

----------------------------------------------------------------

参考:(クリック・タップで当該ページに飛びます)

(1) TPR (Total Physical Response) 全身反応教授法

(2) ドイツ語学習のすすめ

----------------------------------------------------------------