名古屋大学の学部3年生以上大学院博士前期課程院生までを対象とした授業

 

ドイツ語学研究 IIb

 

2018年度 後期 月曜4限

教室:全学教育棟北棟105

 

 ----------------------------------------------------------------

(名大ドイツ文学教室に)戻る

----------------------------------------------------------------

授業内容:

学部3年生以上(大学院生・研究生を含む)を対象とした授業。

低地ドイツ語としてのオランダ語を扱う。

ドイツ語には高地ドイツ語(現代ドイツの共通語・標準語の基になっている)と北部で用いられる低地ドイツ語がある。今学期は低地ドイツ語としてのオランダ語の口語(話しことば)を扱う。

 ----------------------------------------------------------------

オランダ語は英語と標準ドイツ語の中間のような言語である。従って、英語かドイツ語のできる人にとっては極めて学びやすい言語である。両方知っていればなお学びやすい。

ドイツ語、オランダ語、英語、フランス語などの(歴史的)位置づけについて説明した後はもっぱら日常オランダ語の口頭練習をする。

 ----------------------------------------------------------------

教材:

『ニューエクスプレス オランダ語』(白水社)及びプリント教材

なお、辞書としては次のものがあるが、授業のためには特に購入する必要はない。

オランダ語辞典(講談社)

ドイツ語から入る人のためには Langenscheidt 社から何種類もの独蘭・蘭独辞典が出ている。例えば、

Langenscheidts Taschenwörterbuch : Niederländisch

Langenscheidts Eurowörterbuch : Niederländisch

Wolters Handwörterbuch I : Niederländisch-Deutsch

Wolters Handwörterbuch II : Deutsch-Niederländisch

 ----------------------------------------------------------------

口頭練習が主なので、授業中の練習が最も重要である。

 ----------------------------------------------------------------

成績評価:

授業中の貢献度とできばえ60%

期末試験(もしくはレポート)40%

ただし、通常の授業における練習と試験の内容は連動するので、授業と試験は内容的に一体化している。

5回以上無断欠席をした場合は(履修取り下げをしない限り)自動的に「F(不合格)」になる。

 ----------------------------------------------------------------

第1回目の授業でメールアドレスと携帯電話番号を伝える。このいずれかを使った連絡はいつでも歓迎する。